アマミアワゴケ

アマミアワゴケ

アマミアワゴケ 奄美の固有植物 1995年奄美大島で発見 常緑広葉樹林の渓流沿いの苔むした岩上に生える小型の多年草。 植物体は無毛で、茎は細く這い、長さ2~4mmの葉を対生する。 花冠は4裂し、長さ幅とも8mm。 果実はこれまで確認されていない。 本種は1995年奄美大島で発見されたもので、同属のタイワンアワゴケに比べ花が大きいこと、花柱が2裂することなどから、新種と判明した。 アマミアワゴケ アマミクサアジサイ アマミセイシカ アマミイケマ アマミエビネ ウケユリ コバノアマミフユイチゴ ヒメミヤマコナスビ ミヤビカンアオイ...
アマミクサアジサイ

アマミクサアジサイ

アマミクサアジサイ 奄美の固有植物 奄美固有のアジサイ原種 渓流沿いの岩場や湿ったがけ地に生える多年生草本。 高さは30~60cm。 葉は互生、長楕円状披針形、長さ10~18cm。 円錐花序は頂生し、多くの花をつける。 花弁は淡紅色または白色で、長さ3mm。 奄美大島の広い範囲に自生しているが、道路整備や森林伐採により、年々生育域が狭まっている。 アマミアワゴケ アマミクサアジサイ アマミセイシカ アマミイケマ アマミエビネ ウケユリ コバノアマミフユイチゴ ヒメミヤマコナスビ ミヤビカンアオイ...
アマミセイシカ

アマミセイシカ

アマミセイシカ 奄美の固有植物 園芸採取などで激減 常緑広葉樹林内の渓流沿いに生える高さ7~8㎝の小高木。葉は狭楕円形で長さ4~8㎝。花の大きさは5~8㎝で枝先に2~4個をつける。花色は咲き出しは淡いピンク、開花後は白色になる。花弁には緑色または黄褐色の斑点がある。果実は長さ5㎝。セイシカ類はアジア東部に10数種が知られており、漢字で『聖紫花』と書く。 アマミアワゴケ アマミクサアジサイ アマミセイシカ アマミイケマ アマミエビネ ウケユリ コバノアマミフユイチゴ ヒメミヤマコナスビ ミヤビカンアオイ...
アマミイケマ

アマミイケマ

アマミイケマ 奄美の固有植物 アイヌ語『神の足』が由来 山地の林緑に生えるつる性の多年生草本。卵円形の葉は長さ5~11㎝。基本種のイケマは北海道から九州まで広く分布し、その若芽やゴボウ状の根は食用にされることもあるが、本種が食用になるかは不明である。名は『カムイ、ケマ(神の足)』からきたという説がある。 アマミアワゴケ アマミクサアジサイ アマミセイシカ アマミイケマ アマミエビネ ウケユリ コバノアマミフユイチゴ ヒメミヤマコナスビ ミヤビカンアオイ...
アマミエビネ

アマミエビネ

アマミエビネ 奄美の固有植物 奄美大島固有のエビネ 亜熱帯原生林内の林床に生える地生ラン。根生葉は1~3枚、倒卵状長楕円形、長さ15~25㎝、幅5~9㎝、花茎は高さ25~50㎝。花は径約2.5㎝、白色または帯紫白色。キリシマエビネに近緑で、距の長さが7~13㎝と短い。奄美大島ではかつて標高300m以上の林床でごく普通に見られたが、園芸採取などにより絶滅寸前となった。 アマミアワゴケ アマミクサアジサイ アマミセイシカ アマミイケマ アマミエビネ ウケユリ コバノアマミフユイチゴ ヒメミヤマコナスビ ミヤビカンアオイ...