アマミアワゴケ

奄美の固有植物

1995年奄美大島で発見

常緑広葉樹林の渓流沿いの苔むした岩上に生える小型の多年草。
植物体は無毛で、茎は細く這い、長さ2~4mmの葉を対生する。
花冠は4裂し、長さ幅とも8mm。
果実はこれまで確認されていない。
本種は1995年奄美大島で発見されたもので、同属のタイワンアワゴケに比べ花が大きいこと、花柱が2裂することなどから、新種と判明した。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です