アコウネッタイラン

奄美の野生ラン

徳之島南部に自生

石灰岩地帯の山地林床に生える小型の常緑の地生ラン。茎は細くて硬く、高さは花序を含めて15~30㎝。葉は長楕円形心形~披針形、洋紙質で、縦しわがある。長さは7~12㎝。奄美諸島に自生しているネッタイランはこれまで全てヤクシマネッタイランとされていたが精査の結果、徳之島南部石灰岩地帯のものはアコウネッタイランと判明した。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です