アキザキナギラン

奄美の野生ラン

奄美で自生確認

常緑広葉樹林の林床に生える地生ラン。外観はナギランに似るが、葉の緑に鋸葉がなく、花色や花期が異なること、さらに葉は楕円形で基部が急に尖り、花序が葉よりも低いなどの相違点がある。本種はこれまで奄美諸島では自生の記録がなかったが、近年になって奄美大島で数個体自生していることが確認された。名は『秋咲梛蘭』で、秋に咲くナギランの意。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です