オサラン

奄美の野生ラン

偽球茎は筬の形

常緑広葉樹林内の樹上または岩上に生える小型の着生ラン。
偽球茎(パルプ)は狭長楕円形で少し扁平、葉は狭長楕円形または広披針形で冬期は落葉する。
長さは1~2.5㎝。
花は長さ2~6㎝の花茎に1~3個つける。
唇弁は短く3裂し赤色の筋が入る。名は偽球茎の形状を機織に使用する筬(オサ)に見立てた。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です