キバナノセッコク

奄美の野生ラン

デンドロビュームの仲間

常緑広葉樹林内の樹幹や岩上に生える着生ラン。偽球茎の長さは普通20~50㎝で垂れ下がる。花は偽球茎の先端の節からでる総状花序に3~5個つける。花被片は淡黄緑色、唇弁の内側中央に紫褐色の波紋がある。デンドロビュームの仲間は本種を含めて全世界に約1300種が分布しているが、その中心は東南アジアのモンスーン気候地帯である。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です