ツルラン

奄美の野生ラン

花姿はツルをイメージ

常緑広葉樹林下の林床に生える地生ラン。偽球茎は球状。葉は3~6枚つき、狭長楕円形、長さ40~50㎝。花茎は高さ50~80㎝。花弁は長さ15㎜で白色、唇弁中央は紅色または黄色。本種は花がオナガエビネなどともに盛夏期に咲くので夏エビネとも呼ばれている。和名は花姿がツルをイメージさせることから名付けられた。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です