ハマジンチョウ

奄美の絶滅危惧種

南方系の漂着植物

海岸湿地に生える常緑低木。高さ1~2m、茎は分岐し小枝は太い。葉は互生、倒披針形、長さ6~12㎝、やや多肉質。花は葉腋に1~3個、漏斗状、長さ2.5~3㎝、淡紅紫色。果実は球状、径約1㎝。奄美市住用町内海周辺には奄美大島で最大の群落があったが、海岸開発などにより年々株の勢いが衰退している。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です