アマミエビネ

奄美の固有植物

奄美大島固有のエビネ

亜熱帯原生林内の林床に生える地生ラン。根生葉は1~3枚、倒卵状長楕円形、長さ15~25㎝、幅5~9㎝、花茎は高さ25~50㎝。花は径約2.5㎝、白色または帯紫白色。キリシマエビネに近緑で、距の長さが7~13㎝と短い。奄美大島ではかつて標高300m以上の林床でごく普通に見られたが、園芸採取などにより絶滅寸前となった。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です