アマミトンボ

花はトンボの形

山地林緑や水はけのよい草地に生える地生ラン。地下には紡錘根がある。茎は有稜で高さ10~15㎝。葉は楕円形~狭長楕円形で長さ5~8㎝、中央部以下に2~3枚つける。総状花序は密で長さ5~8㎝。名は奄美蜻蛉トンボで、花がトンボの形に似ていることから。奄美大島ではかつて4ヵ所に生育地があったが、開発により2ヵ所は消失した。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です