オナガエビネ

奄美の野生ラン

亜熱帯の夏エビネ

常縁広葉樹林内の林床に生える地生ラン。
高さ10~80㎝。
根茎は短く横走する。
葉は4~5枚根生し、長楕円形、長さ15~35㎝、幅5~10㎝。
花茎は高さ30~50cm、育毛。総状花序は5~10花。花は淡紫色、径3~4㎝。奄美大島中南部の林床にはかつて本種の自生地が数ヶ所あったが園芸採取などによりほぼ消疾した。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です