カゲロウラン

薄暗い林床に自生

常緑広葉樹林内の薄暗い林床に生える小型の地生ラン。根茎は横状し径4㎜、無毛、4~5枚の葉を互生する。葉は卵状披針形で、暗緑色。花茎は細く直通。総状花序は長さ15㎝位で10個前後の小花を疎らにつける。花は紫色を帯びた白色。和名の『蜻蛉蘭』は草姿のはかなさにちなむ。ヤクシマアカシュスランに近緑で、草姿、花姿ともに似ている。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です