クニガミシュスラン

奄美の絶滅危惧種

雲霧林帯の林床に自生

山地尾根の雲霧林帯の林床に生える小型の地生ラン。茎は長く葡匐し、先は直立し、花序を含めて長さ10~15㎝、疎らに5~8葉を互生する。葉は卵状~卵状長楕円形、長さ2~3㎝。総状花序は頂生し、数花をつける。花は緑褐色を帯びた淡紅白色。本種は徳之島高地の2ヵ所に生育地があるが、これまでいずれもツユクサシュスランとされていた。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です