ケラマツツジ

奄美の絶滅危惧種

園芸採取などで激減

山地林緑や渓流沿いに生える高さ1~2mの常緑低木。若枝には扁平な褐色剛毛が密に生える。葉は長楕円形で、長さ3~12㎝。花は枝先に2~4個。花は赤朱色で径4~6㎝、上側内面に濃い斑点がある。奄美大島の渓流沿いではかつて普通に自製していたが、園芸採取などによりほとんどの大株が採り尽くされた。名前は沖縄の慶良間諸島に由来する。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です