コゴメキノエラン

奄美の野生ラン

花は米粒大、名の由来に

雲霧林帯の苔むした樹幹に生える着生ラン。偽球茎(バルブ)は扁平で長楕円形~卵状楕円形。葉は偽球茎の先端から2枚開出し、長さ10~15㎝。花は垂れ下がった長さ10~15㎝の花茎の先端部分から直径3~7mmの小花を20~50個つける。和名『小米樹上蘭』は、米粒ほどの小花が樹上で咲くことからついたものである。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です