シマシュスラン

奄美の野生ラン

葉の表面は繻子織物似

常緑広葉樹林下に生える小型の地生ラン。茎はやや葡匐しながら直立し長さ8~10㎝に達する。狭卵形の葉は長さ2~4㎝で3~5枚を互生する。花の径は約1㎝で、赤味がかった緑褐色を呈する。名の繻子蘭は葉の表面がなめらかで光沢のある繻子織物に似ているため。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です