タイワンショウキラン

奄美の野生ラン

名は『鐘馗神』の顔に由来

常緑広葉樹林内の日当たりの良い林床に生える地生ラン。偽球茎(バルブ)は卵状円柱形で長さ10㎝、直立しながら数個が接して並ぶ。葉は長さ20~30㎝で偽球茎の先に2~3枚つける。花は長さ4㎝、花色は花弁の外側が淡黄色、うち面が赤紫色、唇弁が白色。名は花を病気や悪魔を追い払う『鐘馗(しょうき)神』の顔に見立てた。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です