タイワンツクバネウツギ

奄美の絶滅危惧種

盆栽ブームで絶滅寸前

近海地の岩場や崖地に生える常緑低木。
枝は密に分岐し高さ1~2mに達する。
葉は、対生、菱形上卵形、長さ1~2cm。
花は腋生または頂生の集散花序で長さ1~2cmの密な円錐花序をつくる。
花冠は漏斗状で白色、長さ5~10mmで芳香を有する。
本種は奄美大島ではもともと数が少なく希少な植物であったが、盆栽ブームによりほぼ取り尽くされた。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です