トクサラン

奄美の野生ラン

エビネ属に近緑のラン

暖温帯~亜熱帯の林床に生えるやや大型の地生ラン。茎は高さ約25㎝、幅は約4㎝。茎の下方の節から花茎をだし、10数個の花をつける。花は淡黄緑色、幅約3㎝。唇弁は3中裂し、側裂片は立ち上げる。和名のトクサランは節のある緑色の茎の林立したありさまを、シダ植物のトクサに見立てたもの。エビネ属に近緑なランである。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です