ナゴラン

奄美の野生ラン

芳香を放つ着生ラン

暖温帯の常緑広葉樹林内の樹幹や岩上に生えるラン。茎は短く、節間つまり2~6葉を2列につける。葉は厚い肉質で長さ8~15㎝。花茎は長さ5~15㎝で、やや黄色みを帯びた径約3㎝の色白花を10個前後つける。本種はフウラン同様、着生ランの中で最もよく栽培されているランであるが、ほとんどの自生地が絶滅寸前である。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です