ナンバンキンギンソウ

徳之島で自生確認

常緑広葉樹林下の石灰岩地に生える常緑の地生ラン。葉は葡匐し、花序を含めて50㎝に達する。葉は斜卵状長楕円形で網目状の淡い斑紋が入る。葉長は13~15㎝。花は淡赤褐色で、唇弁は淡黄色、長さ6~7㎜。先は尖り下方に反り返る。本種はこれまで沖縄島が北限とされていたが、近年徳之島でも自生が確認された。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です