ハマトラノオ

奄美の絶滅危惧種

花は美しいコバルト色

海辺の草原や岩場に生える多年草。葉は対生で多肉質。
葉柄はなく、楕円形~倒卵状楕円形、長さ4~9cm、幅1.5~4.5cm、中央部以上に鋸歯があり、上面は光沢があり無毛。
花は総状花序により密生し、長さ7~8mm、コバルト色。
本種はかつて奄美大島及び、徳之島の西海岸に多く見られたがほとんどの生育地が消失。
別名:カントラノオ

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です