ヒメトケンラン

奄美の野生ラン

唇弁は美しい鮮黄色

常縁広葉樹林内の林床に生える地生ラン。葉は長楕円状広披針形で偽鱗茎に1個つく。長さは6~15㎝で表面に白色の斑紋がある。花茎は直立し、高さ30㎝。花被片は広線状楕円形で褐色、長さ12~14㎝、唇弁は美しい鮮黄色で長さ8~9mm。和名は姫杜鵑蘭で、トケンランに比べ植物体が小さいことによる。杜鵑はホトトギスの意。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です