モクビャクコウ

奄美の絶滅危惧種

サンゴ礁原や岩上に生育

波しぶきのかかる隆起サンゴ礁原や岩上に生える高さ30~80cmの小低木。
全体に灰白色の短毛を密につけ白色を帯びる。
淡黄色の花は径5mmで茎頂や葉腋に円錐状につく。
名は「木百毫(もくびゃくごう)」に由来するが、これは本種の白色の綿毛を、仏の眉間にある白い毛を意味する「百毫」に見立てたものである。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です