リュウキュウスズカケ

奄美の絶滅危惧種

奄美大島にわずかに自生

暖地の山地林内の岩場に生える多年草。茎は基部から分枝して地上を這い、長さ30~100㎝に達する。葉は互生し、卵形~卵状披針形、長さ4~12㎝。穂状花序は長さ4~6㎝で多数の花を密につける。花は紅紫色で長さ7㎜。本種は一時期、絶滅種に指定されたが調査の結果奄美大島では今でも自生地が存在することがわかった。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です