ワダツミノキ

奄美の固有植物

奄美大島固有の落葉小高木

近海地の林緑に生える落葉小高木。高さは5~15m。冬芽は裸芽で褐色の軟毛がある。葉は洋紙質で倒卵状楕円形~長楕円形、長さ10~17㎝、幅6~9㎝。花は淡緑色で直径3~4㎜。果実は紫黒色に熟し、悪臭がある。本種は石垣島、西表島に自生するクサミズキと同一種とされていたが、花の形態などが異なり奄美大島固有の新種とされた。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です