ヤマコンニャク

奄美の絶滅危惧種

海辺に咲く巨大花

海岸近くの岩場やソテツ群落地に生える多年草。地下の球茎は扁珠形で径3~5㎝。花径は高さ約80㎝。花は長さ約20㎝で、仏炎苞の基部は暗緑色、内面は帯汚紫色、両面に白班がある。葉は花後に不揃いの羽状裂片葉を展開する。コンニャク属は世界中で130数種が知られているが、日本には本種を含め2種類が分布している。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です