アマミイケマ

奄美の固有植物

アイヌ語『神の足』が由来

山地の林緑に生えるつる性の多年生草本。卵円形の葉は長さ5~11㎝。基本種のイケマは北海道から九州まで広く分布し、その若芽やゴボウ状の根は食用にされることもあるが、本種が食用になるかは不明である。名は『カムイ、ケマ(神の足)』からきたという説がある。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です