アマミカヤラン

奄美の野生ラン

原生林の苔むした枝先にぶらさがって生育するラン。
葉は長さ5~12㎝で2~5枚につき、花は細長い花茎の先に1~5花つける。
花色はがく片と側花弁は淡黄緑色、唇弁は白色で紫褐色のかすれた横縞がある。
本種は1980年頃に日本で初めて奄美大島から見つかったランであるが、森林伐採などにより最も絶滅が危惧されている植物の一つである。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です