アマミセイシカ

奄美の固有植物

園芸採取などで激減

常緑広葉樹林内の渓流沿いに生える高さ7~8㎝の小高木。葉は狭楕円形で長さ4~8㎝。花の大きさは5~8㎝で枝先に2~4個をつける。花色は咲き出しは淡いピンク、開花後は白色になる。花弁には緑色または黄褐色の斑点がある。果実は長さ5㎝。セイシカ類はアジア東部に10数種が知られており、漢字で『聖紫花』と書く。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です