ヒメサギゴケ

奄美の絶滅危惧種

生育場所は岩の裂け目

渓流沿いの岩場の裂け目に生える多年草。
茎は高さ5~15cm。
葉には鋸歯があり、葉はロゼット状に4~7枚をつける。
花は総状花序に2~5個まばらにつける。
花冠は白色で唇弁中央部はやや黄色を帯びる。
本種は住用川中流域に2か所生育地があるが、そのうちの1か所はダム放水時に水没し、生育地そのものが流出する危険にさらされている。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です