レンギョウエビネ

倒木に生えるエビネの仲間

常緑広葉樹林内の倒木に生えるエビネ属の地生ラン。偽球茎は腰高で、株は球状、上部は円錐状。葉は4~5枚につき、披針形で、長さ20~60㎝、幅4~8㎝、縦じわがあり、先は細く尖る。花茎は新偽球茎の側方から直立し、高さ35~45㎝。花は黄色で垂れ気味に咲く。和名は本種の花をモクセイ科のレンギョウに例えたものである。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です